hot&coolどちらも楽しめるウォーターサーバー!

いつでも好みのタイプが利用できる

暑い夏であれば、外から帰ってきたときに冷たい飲み物が欲しいです。水道の蛇口をひねっても生ぬるい水しか出てきません。ペットボトルを冷やしていれば冷たい水が飲めますが、冷やし忘れていればやはり生ぬるい常温の水しか飲めません。ウォーターサーバーの利点として、いつでも好みの水が飲めるところがあります。まずクールのレバーを押すと、5度から10度ぐらいの水が出てきます。夏場であればかなり冷たく感じる温度になります。ホットのレバーを押すと80度や90度のお湯が出てきます。そのままでも飲めますが、コーヒーやお茶、インスタントラーメンを作るときにも使えます。水を沸かしてお湯を作る手間なく、いつでもお湯が用意できます。同時に楽しめるようになっています。

人によって好みが分かれる

会社などにおいて、ウォーターサーバーが非常に役立つとされています。会社には多くの人が勤務しています。冷たい水を飲みたい人もいれば、熱いお茶やコーヒーを飲みたい人もいます。冷たい水を飲みたい人のために冷蔵庫を用意し、熱いお湯を利用したい人のためにポットを用意していました。どちらも置こうとすると、結構場所を取ります。ウォーターサーバーは、1台でホットもクールも利用できます。タイプによって異なりますが、かなり細いタイプもあります。狭いオフィスでも場所を取らずに設置ができます。冷蔵庫とポットを両方置くとかなり電気代もかかりますが、ウォーターサーバーであれば1台で済むので電気代も抑えられます。経済的にも優れています。

ウォーターサーバーの価格は、水の代金、サーバー代、送料、メンテナンス費用、電気代をトータルのことを指します。